男性優位のIT業界に「待った」

女性のみなさん、出番です!IT業界で輝くためのノウハウ?

女性のIT系エンジニアに求められる素養

近年法整備が進んだと言っても、依然としてIT業界でも数的には男性優位の状況は覆るには至ってはいない。その原因は概して男性の方が機械の扱いや構造について詳しいという点と、IT系の業務には機器の運搬・設置や夜勤によるサーバー管理といった体力を必要とするものがあるという点にある。

しかし、IT技術の進歩によってインターネットを生かした業務の裾野が広がってきたことで、その働き方がダイバーシティ化されて多様になってきている。今までは「体力勝負の仕事には向いていないから」といった理由で敬遠されてきた女性にとっても、活躍できる職場として変貌しつつあると言える。

さらにはより広い層をターゲットにするために、女性らしい感性を導入することに前向きな企業も多く現れてきている。こうした潮流の中で求められる人材としては、まずしっかりとしたコミュニケーションを取ることができ、自分自身の土台は持ちつつも周囲の意見を積極的に取り入れることができる素養を備えていることが挙げられる。男性優位の周囲と同じことをしても、結局はそうした男性の劣化コピーにしかならない。ITサービスを万人向けに昇華させるためには女性目線を貫き、そのサービスにおいて何が足りないのかを分析する力が必要だ。

そのためには周囲から意見を吸い上げつつ、それを自分なりに解釈して体現していくような能力が求められる。周囲と同調しながらも、「自分らしさ」を失わないことが最も重要である。